• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 04-2935-4640

腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • 腰痛が改善
    しないで
    悩んでいる

  • 腰痛が
    気になって
    いつも不安

  • 腰痛の原因が
    わからない

  • 腰痛への
    向き合い方が
    わからない

原因不明の腰痛に悩んでいませんか?

医療機関で腰痛の原因が特定できたものを特異的腰痛

原因が特定できなかったものを非特異的腰痛と呼びます。

 

腰痛患者様の約85%は、原因の特定できない非特異的腰痛と言われています。

 

「腰痛がつらくて検査をしたけど、原因が分からない。」、

「原因不明の腰痛で、何をするにも億劫になる」

「腰痛がある又は、腰痛になるのが不安で仕事に支障をきたしている」

等の悩みを抱えている方は、是非お読みください。

腰痛でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

原因が分からない腰痛の正体とは

誰もが一生に一度は経験すると言われている腰痛ですが、腰痛を経験したことのある方の割合は約85%であると報告されています。

できれは腰痛とは無縁の生活を送ることが理想ですが、それは少数の方に限られているようです。
まずは、腰痛の原因を知ることが大切ではないでしょうか。

 

【腰痛の原因】

 

腰は身体を曲げる、反る、ひねるといった、身体の動きに関与しています。
上半身を支え、下半身から伝わる衝撃を吸収する役割も持っています。

特に、スポーツをする方は走る、飛ぶ、等の動作で負担がかかりやすくなります。

このように、腰は身体を支える”要”であるため、腰痛はさまざまな事柄に支障を来し、多くの方の悩みとなっています。

 

原因がはっきりしている腰痛は特異的腰痛と言われ、腰痛全体の15%程となっています。
代表的なものには、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間関節症、脊椎分離症/すべり症があります。
これらの検査は、レントゲン、CT、MRI等によって行われますが、検査を行っても上述した病気に当てはまらないものが、非特異的腰痛です。

非特異的腰痛原因不明の腰痛とも呼ばれ、検査をしても異常がみられません。
ぎっくり腰という病気を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

意外に思われる方も多いかと思いますが、ぎっくり腰は、上述した検査では異常がみられず、非特異的腰痛に分類されています。

 

【腰痛が起こるさまざまな要因】

 

非特異的腰痛は動作要因、環境要因、個人的要因、心理的要因、によって起こると言われています。

「動作要因」

腰に過度な負担がかかる動作を行うことです。
・重たいものをたくさん持つ
・同じ姿勢を長時間続ける
・腰を曲げすぎたり、ひねりすぎたりする
こういったことなどが、その動作に当てはまります。

 

「環境要因」

職業や職場の環境、自宅の環境等、身の回りの環境によって起こる要因です。
・長時間の工場内冷蔵庫での作業
・長時間のデスクワーク
・スケート場やスキー場等の滑りやすい場所での転倒
これらのことが、環境要因と言われています。

 

「個人的要因」

年齢、筋力、体格、バランス能力等、のことを言います。
・年を重ねるごとに、筋力が低下する
・体重が増えた
・バランス能力が低下して、転びやすい
などが、個人的要因と考えられます。

 

「心理的要因」

人間関係の悩みや仕事への不満、腰痛に対する不安、などのことを言います。
これらのストレスにより、
脳の機能が不具合を起こすことで過剰な力が入る
バランスを崩しやすくなる
といった状態に陥ることを言います。

以上、どれか1つの要因によって腰痛が起こるのではなく、いくつかの要因が重なって、腰の痛みや張り、腰の違和感、等が起こるとされています。

腰痛にならないためにやるべきことを教えて!

腰痛は1度痛みが軽減しても繰り返しやすいです。
そのため、腰痛の予防又は、対処方法を日頃から意識することが重要です。

「腰痛にはなりたくない!」「腰痛を早く改善したい!」と思っている方へ、ご自分でできる対処・予防方法、日常生活での工夫等、いくつかご紹介します。

 

【腰痛があるときの対処方法】

 

急に腰痛を感じたときは、2~3日安静にすることが重要です。

腰痛を感じる場合、炎症が起こっていることが多いため、入浴はぬるめのお湯(38~40℃)をお勧めします。

入浴後に痛みが強くなる時は、アイスノンやビニール袋に氷水を入れて冷やすことで、炎症の軽減が目指せます。

 

 

次のような場合は医療機関でみてもらうことをおすすめします。
・鋭い痛みで動けない
・足に力が入りにくい
・下半身にしびれがある
・日に日に痛みが強くなる

 

慢性的な腰痛の場合、腰痛体操や日常生活での工夫で痛みの軽減を目指しましょう。

「腰痛体操」

腰のストレッチ
1. 仰向けに床に横になり、身体の向きを変えずに、腰から下だけをひねります
2. 左右、交互に行ってください

 

背筋のストレッチ
1. 仰向けに床に横になり、身体の向きを変えずに、腰から下だけをひねります
2. 膝を抱えた状態で、おへそをのぞきこむようにゆっくり伸ばします

 

お腹のストレッチ
1. 仰向けに床に横になり、腰の下に巻いたタオルなどを入れて腰を反らせます
2. 息を止めずに、ゆっくり時間をかけておなかを伸ばしましょう

 

「日常生活での工夫」

・重たい物を持つとき
物が身体から遠くなるほど、腰への負担は増加します。
そのため、物がお腹に軽く当たる程度にできるだけ身体に近づけて持ちましょう。

・床から物を持ち上げるとき
膝を十分に曲げて、身体の近くに持ち、立ち膝をして立ち上がりましょう。

・腰掛けるとき
背もたれに背中を密着させるように、深く座ることを心掛けましょう。

以上のような、ストレッチや少しの工夫を取り入れて、腰痛予防又は腰痛の対処を行ってみましょう。
また、ストレスをため込まず、ご自身にあったストレス解消を図ることも大切です。

菜のはな整骨院の【腰痛】アプローチ方法

腰痛は「姿勢」「筋膜の硬さ」が原因となっていることが多いです。
太もも、ふくらはぎからおでこまでつながっている筋膜や、足の裏の筋膜の硬さをほぐしていくことが重要です。

 

<手技療法>

姿勢のチェックを行い、どこの筋肉が悪いか確認します。
検査を行ってどこの筋膜が悪くなっているのかをさがします。
指で押したときに反応が出た筋肉をゆるめていきます。
どこが原因なのかしらべ、今後痛みが出ないような身体にしていくことを目指しています。

 

<電気療法>

2つの異なる中周波電流を交差させ、そこから発生する干渉低周波を使用して施術を行います。
血液の流れをよくする、痛みの抑制効果があります。

 

<骨盤矯正>

ビアラインベルトで患者様自身で矯正を行っていきます。
立ちながら、活動の中で矯正していくことを目指します。

 

<ボディケアメイク整体>
体幹を鍛えるために使用します。
歩行指導や足のうらのストレッチを行ったり、オイルも使用することがあります。

 

<猫背矯正>

猫背矯正は骨盤前傾の方に対して行います。骨盤だけでなく肩から首まで全身矯正をしていきます。
産後の方にも使用可能でお腹の出具合や腰のそりが気になる方におすすめです。

骨盤を締めながらのトレーニングが可能となっています。

 

<ファンクショナルカッピング>

癒着を改善し、動きをスムーズにする効果が期待できます。
腰やお尻、ふくらはぎ可動域が広げることができます。

また、体幹立ち、お尻の筋肉のケア、足裏の筋膜のケアをアドバイスさせていただくこともあります。

著者 Writer

著者画像
院長:上野 拓也(うえの たくや)
◆趣味
登山、ランニング、野球観戦、お酒をのむ、下手くそなゴルフ

◆患者さまへ一言
患者様に痛みのメカニズムやお身体のお悩みのメカニズムを詳しく説明し、施術後の患者様が笑顔や希望にあふれている顔をみることが大好きです。
なにかお困りのことがありましたら、お手伝いさせてください。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:菜のはな整骨院
住所〒359-1111 埼玉県所沢市緑町3-12-14
最寄:西武新宿線 新所沢駅から徒歩10分
駐車場:あり(10台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
12:00〜
20:00
-
定休日:日曜・祝日

【公式】菜のはな整骨院 公式SNSアカウント 菜のはな整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】菜のはな整骨院 公式SNSアカウント 菜のはな整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】菜のはな整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中